NEWS

えんぶ電子版5号(2017年6月号)販売開始!

えんぶ電子版5号は、5月9日10:00より販売開始です!

▶︎ご購入はこちら
https://enbu-de.stores.jp/items/5902e6e902ac64b3c4000748

【特集・演劇は自由。vol.2】
「巻頭対談」粟根まこと(劇団☆新感線)×植本潤(花組芝居)
舞台ドラえもん『のび太とアニマル惑星』鴻上尚史
子供鉅人公演『マクベス』出演者座談会/アンサンブルキャスト64名特別アンケート
北九州芸術劇場プロデュース『しなやか見渡す穴は森は雨』ノゾエ征爾・能祖將夫
「動物電気を褒めてください!」樋口真嗣(映画監督)vs劇団動物電気有志座談会
劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season花』
・・・・・・・・・・・
ロングインタビュー岡田達也(演劇集団キャラメルボックス)

などなど。

電子版限定!
巻末には、今号の特集にちなんだ"おまけ"がついています。
併せてお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------
えんぶ5号電子版には、
・44ページ STAGE CLIP 松竹『マリウス』
・54ページ Stage Bomb! 風間俊介インタビュー
は掲載されておりません。ご了承ください。
----------------------------------------------------------------------------

えんぶ電子版4号、販売中!

3/9発売のえんぶ4号、電子版も同時発売です!
内容は本誌と同じ(※)です。
電子版には巻末に「おまけ」がついています。

------------------------------------------
「おまけ」
------------------------------------------

“より抜き”「えんぶチャート」で、時代流れを読む?

今号は「えんぶチャート特集号」というわけで、過去3回のえんぶチャートをおまけにつけました。

・演劇ぶっく18号掲載の記念すべき第1回えんぶチャート。(1989年4月号)
・その10年後の演劇ぶっく78号
・今は完売の演劇ぶっく150号

今号の特集と合わせると28年間。
なんとなく時代の変遷をお楽しみいただけるかなと思っております。

▶ご購入はこちら
https://enbu-de.stores.jp/items/58bf6ef002ac645c8f000267

------------------------------------------
※補足
------------------------------------------
電子版では一部画像が非表示となっている箇所がございます。ご了承ください。
非表示部分の内容につきましては、下記アドレスよりご確認ください。
http://kangekiyoho.blog.jp/archives/52021136.html
(外部ページにジャンプします。)

えんぶ電子版3号、販売中!

えんぶチャート2016の投票権利付きで1/10発売!

(えんぶチャートの投票は終了しました。たくさんのご投票ありがとうございました!)

▶電子版限定、巻末に2つのふろく付き

1.【新春特別企画1993年版「今年は★◎☀♫だ!」】
2.【演劇ぶっく誌上にみる維新派「アーティスティックなアングラ魂」】

▶ご購入はこちら
https://enbu-de.stores.jp/items/58634cab9821cc706a00571b

「勤労感謝の日」記念セール

======================
11/23(水)・24(木)限定!
「勤労感謝の日」記念セール!
======================
ハロウィンとクリスマスに挟まれて存在感が年々希薄になっていく「勤労感謝の日」を慮り、11/23(祝水)・24(木)の2日間、全品半額セールを実施することにいたしました。
「 勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」というかなり曖昧なコンセプトの祝日ではありますが、ぜひご参加ください!

【えんぶ no.2電子版】ふろく付きで発売!

【えんぶ 2号 電子版】ふろくは「蜷川幸雄とのランデブー~演劇ぶっく誌上にみる創刊号から3年間の蜜月~」過去の誌面を再録して32ページ!
2号の特集は「演劇をつくる/劇作家・演出家編」。ならば、この人は欠かせない!と演劇ぶっく182号(7/9発売)と直近の記事ではありますが、今回思い切って電子版の付録としてPDF化いたしました。もちろん単独でも“旬”の蜷川幸雄さんをたっぷりと感じていただけますが、本誌記事と合わせて読んでいただけますと、より「特集感」も含めておたのしみいただけるかと思っております。